FUJIFILM X10 ぼかしコントロール

最近X10のことばかり。
とても鮮やかな、いわゆる「記憶色」もとても気に入っているし、
AFの速さや明るいレンズだから室内撮りも余裕なところもベリーグーなX10。

コンデジではX10はぴか一にボケ感が出せるはずだけど、
父からもらったニコンD100でもニッコールレンズのおかげか、ボケも美しい。
(まぁざらつきもハンパないけどそれはボディが10年前のものだからね)

そしたら、X10にはアドバンスモードというのがあり、
そこに「ぼかしコントロール」という機能があることを発見!

ボケの強度1~3段階で選べる。
強度3とスーパーマクロというボケがでやすい併せ技で撮ってみた。こんな感じ。

FUJIFILM(富士フィルム)X10 ぼかしコントロール 強度3+スーパーマクロ
写真としては「?」な出来だけれど、ここまでボケる。
これはやりすぎだけど、普通に撮っても一眼っぽいボケも出せた。

動く被写体にはAFスピードがついていかないかもだけど、
ちょっと機械感が出てるけれど、お花とか撮るのに背景ボケするのとかは全然いけそう。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA