2つめのストウブ

2つめのストウブ_ピコ・ココット_16cm

ストウブ(staub)ピコ・ココット ラウンド 16cmを購入。
色は写真じゃ分かりにくけど黒。

以前買ったストウブのオーバルホットプレートで料理を作るとおいしくできる。
この本に載っている、蒸し焼きっぽく作るスナップエンドウなんかは、シャキシャキの食感や野菜の甘みがとてもよく分かりとてもおいしい。

こりゃストウブいいなと思って、次に狙ったのは小さ目のピコ・ココットシリーズ。
大分前に買ったルクルーゼのココットロンド20cmの鍋ももちろん現役なので被らないものを。
ルクルーゼもストウブも野菜の甘みが出ておいしいのでよくポタージュを作るけど、大人2名+幼児の我が家ではスープ系はもっと小さい鍋で十分だから。

16cmくらいがちょうど良さそうと調べたら、この大きさは最近リニューアルして高さが低くなり、容量も減ったモデルになったらしい。
深型な形が吹きこぼれにくくご飯炊きにピッタリだったらしいが、ご飯炊き用のラ・ココット de GOHANが出たのも影響してるみたい。

このように少し背が高めの深型。モデルチェンジ後はほかの鍋と同じ高さになり、低くなったとのこと。

※2015年12月の画像では深型

あまり大きな鍋でないし、背が高めの旧モデルがよいなーと思っていると結構品切れていたり選べないお店が多いみたい。
このブログを書いている時点は楽天のこのお店なら旧モデルである深型が購入できるらしいし、日本正規品なのでこちらで購入しようと決める。

しかし高い買い物だし、大きさとかやはり実物を見てみてからポチろうと百貨店に見に行ってみた。

するとネットとほぼ変わらない15,000円台の旧モデルをタカ○マヤで発見!
楽天ならポイントもつくけど、実物を見た上で買えるのはありがたい。
ちょっと表面に色ムラがあったけど、蓋はしっかり閉まったので購入してきた。

お店の人はアヒージョにも向いてますよ、と言っていた。

早速おせちに入れる筑前煮を作ってみたけど、水(出汁)が多かったようで汁気を飛ばしていたらサトイモが崩壊。
ほぼ無水で調理できるわけだし、いつもの水加減じゃダメだった。事前に茹でておくとか工夫がいるかも。
でも、ごぼう、れんこん、人参、干しシイタケ、鶏肉はかなりおいしい!

直径がそこまで大きくないからストウブならではの肉塊&野菜蒸し焼きとかしてみたい。
少量ならできそうだし試してみたいな。

(2016.4.2 追記)
購入後にストウブで炊くごはんにはまってしまい、この鍋はもっぱら米炊き用となりました。
うちは1~1.5合くらいを炊くことが多いのでちょうどよいサイズ。

そうすると当初の目的であるポタージュづくりなどが同時にできない不便さから、さらなるストウブを購入しました。

↓こちらのピコ・ココット ラウンド 18cm ブラック。
日本正規品でお買い得な楽天のスタイルキッチンというお店で購入。

2つの鍋を比較すると高さはほぼ同じくらいながら直径分やや大き目。
けど、そう大きくは変わらない大きさなので、代替にはちょうど良かった。
ポタージュや豚汁など主に汁物担当。あと豚とモヤシの蒸し物なんかもおいしかった。

ストウブのホットプレートも使って3口ともコンロが埋まっているのを見た夫が「高い黒い鍋で家じゅうの鍋をそろえようとしている!」と恐れている。ストウブ沼、恐るべし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA