谷中~湯島カメラ散歩 谷中編

JR日暮里の駅を降りて谷中 松野屋に向かう。駅を出て細い道を抜け谷中銀座方向に向かう。振り向くと東京スカイツリーが見えた!
谷中~湯島カメラ散歩 谷中編 日暮里駅付近からスカイツリーが見えた!

お寺やレトロな雰囲気の店舗が並ぶ。ステキな雰囲気だなと思い歩いていると、すれ違う中には一眼カメラを持った人も多い。雑誌にもカメラ散歩にぴったりの街として紹介されているだけある。オリンパスのPEN率がとても高い。

谷中銀座商店街の少し手前にお目当ての谷中 松野屋を発見しお買い物

テレビでもよく見る谷中銀座の看板発見。
谷中~湯島カメラ散歩 谷中編 テレビでよく見る谷中銀座の看板

脇の階段には猫が寝ていて写真を撮っている人も多かった。人慣れしているんだな~。

商店街はかなりの人!特に肉のすずき、肉のサトー、惣菜いちふじの3店舗には行列ができている。
アメトーークで紹介されていたのを覚えていた肉のすずきの元気メンチカツをテイクアウト。
谷中~湯島カメラ散歩 谷中編 肉のすずき 元気メンチカツ

細かいパン粉でおうちで作るメンチカツのような見た目だけれど、とってもジューシーでおいしい。味もしっかりついていてソースは不要の味。
ブランド牛も入っているとのことだけれど、買ってすぐではなく子どもが食べれるほどの温度になった状態だと脂の甘みを感じられておいしかった。

この日は27mmF2.8のレンズと35mmF1.4の2本を持っていった。が、失敗だった。
人も多く十分に距離が取れないこともあり、35mmだとメンチカツを食べる家族の顔の撮影さえあやうい。ドアップすぎる写真多数。

谷中銀座商店街を抜けて地下鉄千駄木駅まで歩いたがこのレトロな雰囲気を撮ろうとしてもここがどこだか分からないほどアップな写真多数。子どもから離れると危ないため距離が取れない街撮りでは27mmでぎりぎり。

それと少しでもコンパクトにしたいからと35mmF1.4のフードを外していったのだが、ぶつけないようにと心配になってしまって逆効果だった。1度35mmをつけたけれどすぐに27mmに戻してしまった。

23mmF1.4レンズの1本でよかったかもと思った。大人だけでボケもそんなに要らないなら27mmF2.8がコンパクトでよかっただろうな。
せっかくレンズをある程度揃えたのに持っていくレンズの選択ミスが結構ある。日々勉強。

関連記事:
谷中~湯島カメラ散歩 湯島編

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA