大阪OL、ベラルーシに行く

大阪OL、ベラルーシに行く ベラルーシのトランジットビザ
ベラルーシのビザは通常ベラルーシの旅行社発行のバウチャーが必要で、複雑&値段が高い。
しかしトランジットビザは、宿泊はできないが入国できる。しかも安いし、入国後の登録なども不要。

当初、バルティックエアなど飛行機で入国しようとしたが、当日中に違う国へ出られないことがわかった。
ロシアなら行けそうだったが、ロシアも要ビザだし難しい。
バルティックエアでリガ(ラトビア)との往復ならできそうだが、それってトランジットじゃないような。

そこで調べて可能なルートを見つけた。
ベルリンから夜行列車に乗り、翌朝10:45にベラルーシの首都ミンスクに到着。
夕方18:16にミンスクを出て、リトアニアの首都ヴィリニュスに22:00に着くというもの。

これならトランジットって言い張れるんじゃないか?(何のためにそんなルートなんだ?と聞かれると終わりだが)
ベラルーシ大使館に連絡して、ビザの取り方を聞き、申請までしてしまう。
申請用紙を記入し、指定のシティバンクの口座へビザ代を入金。
簡易書留で返してね、と英語で書いたレターを添えて郵便局から出した。大事なパスポートだから普通郵便で返されても困るし。

2週間ほどで無事簡易書留で返送されてきた。
キリル文字がまったく読めない。いざというときのためにキリル文字は読めるようにしておかないとね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA