トイカメラ Lomoっぽい青かぶりな写真が好きなワケ

トイカメラ風青かぶりな写真が好きなワケ これはトイデジで撮影
 
一部のトイカメラに見られるいわゆる青かぶりな写真が好きだ。
オリンパスのアートフィルターのデイドリームは厳密には違うけれど、
赤みが少なく、緑がかった懐かしい雰囲気の写真全般が好き。
現実の世界でないような不思議な錯覚の写真。

一眼レフで撮った写真でもPhotoshopでレタッチしてそれっぽくしたりすることもあるし、
トイデジのVistaquest5010Jは「裏技」と言われる方法でそんな写真が撮れる。
(この記事に添付した写真のようになる)

いつから、何をきっかけにこういう写真が好きになったんだろう、自分でも分からずにいた。

最近、私の好きな映画「恋する惑星」がDVD/Blu-rayで8月7日に再販されると知った。
1994年の香港映画で、トニーレオン、フェイウォン、金城武が出演しているということでも有名だが、
手持ちで撮影という新しいスタイルと、独特の色使いなどスタイリッシュな映像でも知られている映画だ。

恋する惑星 [DVD]

懐かしくなりgoogleの画像検索をするといくつか劇中のカットが見つかった。
特に後半部分のトニーレオン&フェイウォンパートの写真を見てあることに気づいた。
「この色、私が好きな青い色だ」と。
うっすらと青みがかっていて、光でぼんやりとした好きな色そのものだった。

映画からもう20年近く経っている。
当時は話の内容がよくわからずにいたが、でも不思議と好きな映画だった。
写真を撮り始める前から、この色に惹かれていたんだなと気づいたのだ。
その気持ちは写真を撮るようになっても、どこかに持ち続けていたのだと。

このパートを撮影しているのはクリストファードイルという映像監督だそうで、その場にある光で撮るというのが特徴らしい。
映画なのだから通常は室内の撮影では照明が焚かれる。
でも彼は部屋の光だけで撮り、しかも(作品によってはだが)薄く青っぽい色で表現をしている。

なんともlomo(ロモ)っぽいと思う。
トイカメラ、特にLomoファンはかなりの確率でドイル作品が好きなのではないだろうか。

しかも、この「恋する惑星」のフィルムは35mmのagfa(アグファ)フィルムで撮影されたそう。
コダックや富士フィルムではこの色は出せないそうだ。
フィルム写真好きのダンナ曰く、アグファのフィルムをLomoで使うととても青っぽく私好みな写真になるとのこと。(注:現在流通しているものは真逆の特徴なので無理)

アグファは元々はドイツのフィルムメーカーで、小津安二郎も使っていたとか。

フィルムカメラもやりたくなってきた!でも高そう、現像めんどくさそう、カメラ持っていないし。

そんな私はとりあえず、トイデジからだな(^^;)
この空の色がなんとも好き。
 

2 thoughts on “トイカメラ Lomoっぽい青かぶりな写真が好きなワケ

  • 2013/06/08 11:15
    Permalink

    こんにちは^^
    恋する惑星、、なつかしいですね。
    一時期はまりました!勝手に掃除したり
    かわいかったですねえ。
    そういえばトイカメラっぽい色合いだったっけ・・。
    もう一回みてみたいとおもいました。

    返信
    • 2013/06/08 13:34
      Permalink

      恋する惑星なつかしいですよね!私も一時期ハマった一人です~♪
      後半のフェイウォンとトニーレオンのパート(勝手に掃除したりするところ)は青っぽい映像で、lomoとかを連想させる色だなって思うんですよ^^
      今回載せた写真は少し緑が強いかな?映画の方がもっとあっさりとした薄いブルーで光の感じがよいなと思いました。
      8月の再販が楽しみな私です( 艸`*)

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA