スウォッチ(SWATCH SKIN)の電池交換をやってみた


私は普段腕時計を使うことがなく、検定試験のときに使うぐらいだった。最近試験を受けていないので、腕時計の存在を忘れていたほどだ。いざ、腕時計を使おうと思って、いくつかの腕時計を見てみたら全部電池が切れて止まっていた。。。

電池交換は電池代込みで3000円近くかかるし、持ち込みと引き取りが手間。電池は数百円で買えるし、自分で電池交換してみることにした。

SWATCH SKINは、裏蓋のプラスチックを外すと電池が入っているだけで交換自体は楽そうだった。問題は入っている電池が謎なこと。。

入っていた電池は、“317 RENATA SWISS MADE”と謎の刻印の入ったボタン電池だった。ソニーのボタン電池互換表で調べてみると、レナータ社の1.55Vの酸化銀電池で、直径5.8mm、厚さ1.6mmのものだった。ソニー規格では、SR516(旧SR516SW)であることがわかった。

ちなみに、日本では馴染みのないレターナは会社の名前で、スイスにあるスウォッチグループの電池メーカーのことです。スウォッチに最初からついている電池は、すべてレターナ製になります。

Renata SA, a subsidiary of Swatch Group Ltd in Biel,
was founded in 1952 as a manufacturer of components for mechanical watches.

https://www.renata.com/

早速、ネットで電池を取り寄せて交換開始!結構、簡単で数分で交換ができました。

SWATCH001

交換手順

1) まずは裏ブタを精密ドライバーの小さいので取り外す。

SWATCH002
SWATCH005

2) 古い電池を取り外して、新しい電池を入れる

3) 蓋がカチッとなるまで閉める。

電池対応表

掲載した電池と種類が違う場合は、電池対応表で確認してください。

マクセル
https://www.maxell.jp/battery/crossreference.pdf

ソニー
https://www.sony.jp/battery/compatible

安い電池を入れるときはSWとWの違いに注意です。

時計用SRボタン電池には、SWタイプとWタイプがあります。 SWタイプは、アナログ時計などの比較的負荷の小さな時計に適しています。 それに対し、Wタイプは、デジタル時計などの多機能時計に適しています。 Wタイプの電池が使われていた時計に、SWタイプの電池を入れると、正常に動作しない可能性がありますので、ご注意ください。

https://www.maxell.jp/battery/gozonji.html
購入品

← 過去の投稿へ

次の投稿へ →

2 Comments

  1. ぱぱん

    結構簡単に開くので驚きました!

    • shimesabax

      ぱぱんさん
      ご覧いただきどうもありがとうございます。
      お役に立てて良かったです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA