写真の撮り方手帖

amazonで中古本を購入。

こんな写真を撮るにはこういう設定に、など作例とともに紹介されている。
その中に場面ごとの撮影のヒントがいっぱいあり、ためになった。
料理、風景、こども・・・などなど。

例えば「シャボン玉は透明で見えにくいから、絞り値を下げて背景をぼかす」とか
シャッタースピードばかり意識していたからなるほど~だった。

インタビュー記事も載っていて、なんか雑誌的な要素もある。

カメラの種類や設定の説明など教科書的な内容も載っているけど、
内容的には、基本をおさえた人が+αでヒントが欲しい時に読むといいかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA